受付時間:火曜~土曜 10:00~19:00

初診・再診の電話予約
03-6278-7115

MENU

ホーム > お知らせ > 院長ブログ > 自律神経症状も熱中症のリスクに!?

自律神経症状も熱中症のリスクに!?

梅干

今日は比較的涼しいですが、これからの暑さは益々厳しいものになるようです。

皆さんの熱中症対策はどのようにされていますか?

特に、日頃から自律神経の症状をお持ちの方、また特に慢性的にだるいとか朝がつらい頭がぼうっとするといった症状も要注意です。甘いものがやめられないという方も・・・

実はこのような、一般的にありがちな症状の背後に、熱中症にかかりやすい病態が潜んでいる可能性があります。熱中症は高齢者やお子様だけのものではないんですね。

だるい、朝がつらい、などを含む自律神経症状が起きる背景には、副腎から分泌されるステロイドホルモン(コルチゾール)の量が不足している場合が多いのです(副腎疲労)。

このステロイドホルモンが不足すると、ストレスに対応する力が弱まり抑うつ傾向などのメンタル症状、炎症・アレルギー低血圧判断力の低下などの他、体内の塩分を保つ能力も落ち、体の塩分、ミネラルが不足しがちになります。そうなると、暑さや冷房の乾燥で体の水分が失われても「喉の乾き」を感じにくくなり、充分な水分を摂取しにくい状態になってしまいます。

また、逆に熱中症の予防にと「水を充分とる」ことはけして悪いことではないのですが、注意すべきことは塩分不足にならないことです。

特に大量の汗をかいた後は、水分とともに塩分を摂ることが大切です。

それからカフェインやアルコールの取りすぎは、体の水分とミネラルを奪ってしまいますので注意が必要です。

 

因みに、私(伊東)は夏に出かける際は、500mlの水+1~2つまみ位の岩塩を入れたものを持ち歩いています。

これにレモン汁を数滴入れることも・・・

 

クリニックではこの夏から、とても美味しい「梅干し」を販売開始しました。

モンゴルの天然岩塩と栽培期間中農薬不使用の梅のみで作られた、皮が薄くて柔らかな梅干です・・・。

塩分も控えめで、食欲のない日でもけっこうすすみます。

 

昔の日本人の知恵には素晴らしい宝があると思います。

ミネラルだけでなく、クエン酸もしっかり取れますので、疲労回復にも良いですね。

 

エミーナジョイクリニック銀座
https://www.eminaclinic.com/

お問い合わせ・初診・再診のご予約

当クリニックへのお問い合わせ・初診・再診のご予約はこちらより承っております。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
PAGE TOP