受付時間:火曜~土曜 10:00~19:00

初診・再診の電話予約
03-6278-7115

MENU

ホーム > 検査方法のご案内 > IgG食物アレルギー検査

IgG食物アレルギー検査

食物アレルギーについて

食物アレルギーが起きるいくつかのメカニズムのうち、検査可能なものには大きく分けて2つのタイプがあります。

  1. 1.食後、数分~30分で症状が表れる「即時型アレルギー」(IgE抗体が関与)
  2. 2.数時間~数日後に遅れて症状が表れる「遅延型アレルギー」(IgG抗体が関与)

食後すぐに蕁麻疹やくしゃみ、充血、むくみなどが表れる症状は、通常IgE抗体の働きに由来します。
しかしアレルギー反応は、いつもすぐに起こるとは限りません。
食品を摂取し、長時間経過してから反応が出る場合、IgEよりもIgG抗体が関与している可能性が高く、検査をしてみないと原因となる食品が見つかりにくいのです
学校給食などでも問題になった即時型アレルギーを調べるには、IgE検査が保険適用可能ですが、アレルギー症状があるにも関わらず、IgE検査では殆ど異常が見られないことがあります
そのような場合に、IgG抗体によるアレルギーが関与しているケースが多く見受けられます。

またIgGアレルギーが関係している症状には、一見アレルギーとは無縁を思われがちな症状も多数あります(下記表)ので、注意が必要です。アレルギー=炎症ととらえると理解がしやすいかもしれません。

IgG抗体が関与していると考えられる主な症状・疾患

  • 食後、しばらくすると体調を崩す
  • 慢性疲労
  • 頭痛
  • 頭がぼうっとする
  • 集中力低下
  • クローン病・大腸炎
  • 下痢・便秘・消化不良
  • 過敏性腸症候群
  • LGS(腸管壁浸漏症候群)
  • 口内炎
  • 腹痛・ガス
  • うつ症状
  • 強迫性障害
  • 統合失調症
  • 自閉症
  • 多動性障害(ADHD)
  • 学習障害
  • 物忘れ
  • 不眠症
  • アトピー・湿疹・にきび・肌荒れ
  • 鼻炎・ぜんそく・副鼻腔炎
  • カンジタ症・慢性感染症
  • むくみ
  • おりもの・月経痛
  • 月経前症候群(PMS)
  • 子宮内膜症
  • 高血圧・不整脈 多発性硬化症
  • がん/腫瘍
  • アレルギーだがIgE検査で陰性
  • 関節炎・関節リウマチ

IgG食物アレルギー検査とは?

食物アレルギーのうち、数時間~数日後に遅れて症状が表れる遅発型(潜在性)のアレルギーについて調べる検査です。

検査方法

数滴の血液を採血し、海外検査機関に委託します。

※検査結果が出るまでに約2~3週間かかります。

全ての検査結果を院長が解析しレポートを作成後、下記の内容を行います。
①検査結果の詳細な解説
②治療方針説明/生活指導
③メディカル調整食療法(Medical Adjusting Diet)の指導
④必要時サプリメント処方(サプリメント代は別途)

検査によってわかること

94種類の食品についてのIgG抗体の値を知ることができます。

IgG検査によって遅延型のアレルギー反応がわかる食品一覧

IgG検査94項目
乳製品 カゼイン・チーズ・牛乳・清乳・ヨーグルト〔豆類〕あずき・緑豆・みそ・エンドウ・大豆
穀物 大麦・小麦・そば・コーン・レンズ豆・オーツ麦・米・ライ麦・麦グルテン
魚介類 蟹・エビ・鮭・イワシ・カツオ・アワビ・アサリ・昆布・アジ・サバ・カキ・イワシ・イカ・ マグロ・海苔
肉・卵 牛肉、鶏肉、豚肉、ラム、卵、ダチョウ
ナッツ アーモンド、ピーナッツ、ピスタチオ、胡麻、ひまわりの種、栗
野菜類 筍、ゴボウ、キャベツ、人参、セロリ、キュウリ、茄子、ピーマン、レタス、玉葱、じゃがいも、南瓜、大根、蓮根、ほうれん草、さつま芋、トマト、ニンニク、エノキ、シイタケ、オリーブ
果物類 りんご・バナナ・ブドウ・キウイ・オレンジ・桃・梨・イチゴ・パイナップル・マンゴー・ メロン・チェリー
その他 カンジダ(酵母)、ココア、コーヒー、緑茶、ウーロン茶、蜂蜜、ビール酵母

検査後の治療について

IgG抗体が強陽性と出た食品に関しては、摂取を控えることが基本ですが、腸内環境の改善とともに摂取を再開できる食品もあります。
また、治療効果を上げるために、除去食を行うだけでなく、症状やライフスタイルに合わせた「メディカル調整食療法」の指導を行います。

受診された患者さまの声

お問い合わせ・初診・再診のご予約

当クリニックへのお問い合わせ・初診・再診のご予約はこちらより承っております。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
PAGE TOP