受付時間:火曜~土曜 10:00~19:00

初診・再診の電話予約
03-6278-7115

MENU

ホーム > 治療方法のご案内 > 低血糖症治療

低血糖症治療

~ 様々な自律神経症状の改善につながる「低血糖症」の治療 ~

低血糖症の原因は?

  • 食事内容・栄養素バランスに関する要因
  • ストレス
  • 腸内環境・胃腸機能
  • 脊椎のゆがみ
  • 各種ホルモン要因
  • 副腎疲労
  • 有害重金属
  • 遺伝子的要因

低血糖症の原因は様々ですが、主に上記のような要因が複雑に関わりあって自律神経・ホルモンバランス、代謝機能などに障害が生じてしまうことにより症状が出ます。

低血糖症の治療はどのように行うの?

当クリニックでは、低血糖症に関して、症状と血液検査データ、各種バイオロジカル検査により診断、治療を行います。
また、「副腎疲労」状態にある方は、低血糖を合併していることが多いため、副腎疲労の治療を行うことが低血糖の治療にもなるケースが少なくありません。(詳しくは「副腎疲労の治療」をご覧ください。)
一般的に機能性低血糖症の診断には「5時間糖負荷試験」が行われていますが、当クリニックではいくつかの理由により行っていません。
機能性低血糖は、細胞内のエネルギー産生が低下していることが根底にありますので、この現象を引き起こす幾つかの要因に対して検査や診察を行い、それぞれの方に応じた治療による症状の改善を図ります。

※5時間糖負荷試験をご希望の場合には検査が受けられる医療機関をご紹介することも可能です。

お問い合わせ・初診・再診のご予約

当クリニックへのお問い合わせ・初診・再診のご予約はこちらより承っております。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
PAGE TOP