受付時間:火曜~土曜 10:00~19:00

初診・再診の電話予約
03-6278-7115

MENU

ホーム > 治療方法のご案内 > 副腎疲労治療

副腎疲労治療

副腎疲労(アドレナルファティーグAdrenal Fatigue)とは

私たちは、日々多様なストレスに対応しながら生きています。
副腎から分泌されるストレスホルモン(コルチゾール)は生命の維持、ストレスへの対応のために無くてはならないホルモンですが、ストレスに対して必要なコルチゾールを副腎が十分に分泌できなくなった状態を“副腎疲労”(アドレナルファティーグ)といいます。
通常コルチゾールは、午前中高く、午後~夜にかけて低くなる日内変動がありますが、副腎が疲労しコルチゾールを十分に分泌できなくなると、量が不足するだけでなく日内リズムも保てなくなり、下記のような症状が慢性的に続くようになります。
うつ病自律神経失調症アトピー性皮膚炎などの診断を受けられている方も、その背景に副腎疲労が関係している場合が少なくありません。

  • 朝起きるのがつらい
  • だるい
  • 判断力低下
  • 記憶力低下
  • 頭がぼうっとする
  • 過食
  • 甘いものへの依存
  • 塩辛い味が好き
  • 性欲減退
  • カフェイン依存
  • PMSの悪化
  • 風邪がなおりにくい
  • じんましん
  • 下痢・便秘
  • 長引く咳(原因不明)

副腎疲労の主な要因・悪化因子

  • 精神的ストレス
  • 睡眠不足・過労
  • 食事・腸内環境の悪化
  • 脊椎のゆがみによる自律神経障害
  • 運動不足
  • 重金属・化学物質

主な検査項目

検査後の治療について

各検査結果を総合的に判断し、それぞれの方に応じた治療方針をご提案します。
また副腎疲労の要因に関する検査(腸内環境、重金属その他)も状況に応じてお勧めしております。

お問い合わせ・初診・再診のご予約

当クリニックへのお問い合わせ・初診・再診のご予約はこちらより承っております。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
PAGE TOP