MENU

ホーム > お知らせ > PMSの治療について(一般的な治療)

PMSの治療について(一般的な治療)

 

PMSとも呼ばれる月経前症候群は、生理が始まる1〜2週間前から起こるイライラや憂鬱、腹痛などの心身に現れる不快な症状のことをいいます。

実際の症状は人それぞれで、同じ人でもその月によって症状が異なることもありますが、生理が始まるとともに緩和されたり消えたりすることが特徴です。

また、PMSは症状だけでなく原因も人それぞれですので、ご自身のPMSの原因究明とそれにあった治療を行うことがとても大切になります。

PMSの治療法としては、大きく分けて、市販薬と病院での治療があります。

PMSの症状が重い場合や自分に合った治療法、根本的な治療をしたいと考えている方は、病院やクリニックでの治療がおすすめです。一般的な病院での治療は、食事療法やライフスタイルの指導の他、ピルの処方、頭痛などの身体の痛みには痛み止め、抑うつやイライラなどの精神的な症状には向精神薬といったように症状に応じた薬が処方されます。

 

PMS治療のご案内

PMS治療 のページをご覧ください。

お問い合わせ・初診・再診のご予約

当クリニックへのお問い合わせ・初診・再診のご予約はこちらより承っております。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
PAGE TOP