MENU

ホーム > お知らせ > 手足のしびれも実は脊椎との深い関係

手足のしびれも実は脊椎との深い関係

 

手足のしびれには治療が必要な場合と心配のないものがあります。

誰もが経験したことのある長時間の正座で足がしびれるような場合は心配いりませんが、定期的にしびれを感じていたら、治療の必要が高いと言えます。

神経は頭から首の骨の中、さらに鎖骨の下を通り、腕、肘、手首、指先へとつながっています。

手や指にしびれがあるのは、このどこかの部分が圧迫されていると考えられます。特に圧迫されやすいのは、首の骨の周囲、鎖骨の下、肘の内側、手首の靱帯だと言われています。

多くの整体院では、筋肉をほぐす、もむ、指圧する、あるいは関節をボキボキするといった施術が主体なので、不快感を一時的に和らげたいという方には向いているかもしれません。

しかし、本当の原因が治らないまま年月が過ぎると症状は悪化していくほかありません。

当クリニックでは、脊椎調整治療というものを行なっており、脊椎・骨盤のゆがみ自体を矯正し、神経圧迫(サブラクセーション)を解除することによって多くの方のしびれに対しても、改善効果が認められています。また、治療期間中に筋力強化と筋肉バランス調整運動を指導し、患者さまご自身で継続可能な予防をしていただけるよう努めています。

お問い合わせ・初診・再診のご予約

当クリニックへのお問い合わせ・初診・再診のご予約はこちらより承っております。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
PAGE TOP