受付時間:火曜~土曜 10:00~19:00

初診・再診の電話予約
03-6278-7115

MENU

ホーム > お知らせ > 院長ブログ > アレルギーの正体とは・・・?Part I

アレルギーの正体とは・・・?Part I

4月になり、桜も見ごろですが「花冷え」のような日もまざり、なかなかすんなり春の陽気に行けない・・・もどかしさを感じています。

クリニックのほうも、まだまだアレルギーで悩まされている方が来院されています。

湿疹アトピーの方が多いですが、
大半の方は、保険適応の検査をまず希望され
「何がアレルギーの原因なのか?」をつきとめたいという目的をお持ちです。

一方で、保険のアレルギー検査を行っても、これが原因だ!という結果が得られないことも多々あります。

それはなぜでしょうか?

 

実は、アレルギーの原因は、インフルエンザのように、これがこうだから!!!といった1:1で決まる場合とそうでない場合とがあるからです。

たとえば、保険でできるアレルギーの検査は、IgE抗体という抗体が関係していて、アレルゲンに暴露されてからすぐに反応が出るタイプのアレルギーを調べています。

しかし、これを食べたら症状がすぐに出る、というケースを除いて、
このIgE抗体検査によって原因が突き止められない、という場合も少なくないのです。

ただ、多くの方は、アレルギーは花粉や食物、ハウスダスト、動物のフケ等々、保険の検査をすればわかるだろうと思われていますが、
実は他にもアレルギーを引き起こす要因があります。

わかりやすいところからご紹介すると、
IgG食物アレルギー」です。

これは、IgG抗体が関与しているアレルギーで、暴露されてから数時間~長いものでは数日かけてアレルギー反応が起こるものです。

国内では検査できないので、やむを得ず海外へ血液を送って調べる検査ですが、保険の検査では異常がなくてもこちらで何か異常が出るという場合も少なく有りません。

 

結局、IgE抗体もIgG抗体も、アレルゲンと結合すると、体の中で「炎症」が起きてしまいます。この「炎症」がアレルギーの本質ともいえます。

 

アレルギーの原因も、この辺りまででしたら、まだ理解がしやすいのですが、・・・結局、「炎症」が高じて、「副腎疲労」になってしまうこと・・・これがアレルギーのもう一つの側面でもあります。

すなわち、「副腎疲労」を引き起こすものは、アレルギーの原因となりうるということです。

 

ここで、私のアレルギー診療歴でとても印象に残っている方がいらっしゃいます。

当時30代の女性でしたが、「いつも使っているコスメで顔がかぶれるようになった」
という症状で来院されました。

上記の、IgEやIgG抗体の検査では異常なしです。

もちろん、治療で治りましたが
これは・・・?どういうことでしょうか???

 

詳細は次回のブログにて・・・

お問い合わせ・初診・再診のご予約

当クリニックへのお問い合わせ・初診・再診のご予約はこちらより承っております。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
PAGE TOP