MENU

ホーム > 症例集 > 過食症から脱却(28歳 女性)

症例集

過食症から脱却(28歳 女性)

カテゴリー

1年前から過食を繰り返すようになってしまったKさんです。半年前、職場結婚をしたご主人ともうまくいっているし、育った家庭環境も穏やかで何の不自由もない、自分でもどうしてかわからないとのことでした。仕事を終えて帰宅した時、ご主人が帰ってくる前に、コンビニで買い込んでおいたお菓子の山をひたすら食べてしまうというのです。

早速第1回目の心身解放療法を始めストレスの原因を探っていくと、職場で誰にでもいやな顔をできず、NOと言いたくても言えず、笑いたくないときでも無理に笑顔を作ってしまうのに友達もほとんどいないことに疲れてしまい、家事もする気になれないという状況が明らかになり、具体的に、同僚Aさんが苦手だということ、その人にもなんでもない顔をしているのも苦しいというので、まずそれらの苦痛を取り除くための言語化とタッピングを行いました。また、治療前は指先で測る酸素濃度が96%と低かったのですが、終了直後には98%と上昇し、血液循環の改善も認められました。

その後、過食の程度は少なくはなりましたが、まだ日によってむらがあるということで2回目の治療を行いました。今度は、ご主人の事が糸口になりました。自分とは正反対の性格だというのです。リーダー肌で、友達も多く、NOという時もはっきり言うのに彼を慕う人が多くて仕事もプライベートも楽しそうだと・・・。

色々聞いていくうちに、Kさんはそういうご主人をうらやましいと思い、自分は到底その輪の中に入れないし、そのことが寂しい、またその奥底にはご主人への嫉妬心や劣等感があることがわかりました。過食はそういった心境から逃れるための行動だったのです。食べている時だけは、夫に対する自分のいやな気持ちを感じなくてすむのでした。

これがKさんの過食の本当の原因だと感じたため、言語化とタッピングを行ったところ、先ほどまで強く感じていたご主人へのコンプレックスや嫉妬心は完全に消え、表情も明るく生き生きとしてきました。

2週間後に再来され、
「あれから過食が全くなくなりました!」
「それから、主人に対して思っていたことも全部話して、彼の交流や活動にも一緒に参加してみようという気持ちになりました。職場でも前より気分的に楽に過ごせるようになりました。」
と嬉しそうに話された様子がとても印象に残っています。

お問い合わせ・初診・再診のご予約

当クリニックへのお問い合わせ・初診・再診のご予約はこちらより承っております。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
PAGE TOP