MENU

ホーム > お知らせ > 本来の美しさと自信を・・・ > , IgGアレルギー > , 遅延型アレルギー > 会社で「何をしたの?」と聞かれました!

会社で「何をしたの?」と聞かれました!

実は、私の妹も幼いころから重度のアトピーでした。

彼女が呼吸器内科のドクターとして勤務していたころ、あまりにも肌の状態がひどいので受け持ちの患者さんに「先生、お大事に」と言われたと、ショックを受けていたことを思い出します。

当時(もう20年近く前・・・)は、私も大学勤務で、今行っているような考え方や根本治療などに行きつくはずもなく、ただ本人がいろいろな民間療法を試したり、かゆがったりしているのを見ているしかありませんでした。

 

また私が大学を辞めて、小さなクリニックを開業した時の最初の患者さんが、

アトピーの10歳の男の子でした。この男の子の治った経緯は、今後またシェアしたいと思います。

 

このような背景もあり、アトピー性皮膚炎の方の治療は私の診療歴の中で、いつも課題と学びを与えてくれる、そういう疾患の一つだと思っています。

特に、他の疾患との違いは、外から見てすぐに状態の変化がわかるということです。

また、「かゆみ」という、まったくもって耐え難い症状の変化・改善もすぐに感じられる・・・

そのため、当クリニックで思い切って自費の診療を受けられた方が、初診の後から開始した食事療法やサプリメント、時にはお薬(内服薬)、お肌のケアやライフスタイルのいくつかのポイントを変えてみるなどをされてみると、1~3週間のうちに何らかの手ごたえを感じやすいのです。

2回目の来院時には、少し心身のゆとりができていることもあり、初診時の血液検査の結果をご説明しながら、それを踏まえて今後の検査・治療内容について、ご希望を伺いながら進めるというステップがよりスムースに行くようになります。

 

ある40代の女性は、フリーで専門的なお仕事をされている方でした。

いくつか考えられる根本原因のうち、腸内環境と細胞の代謝の問題、IgG食物アレルギーに関する検査と治療を選択されました。

海外へ委託する検査の結果が戻り次第、治療を開始。主に、食事療法+サプリメントの治療で、毎月の診察の度にお肌の状態は良くなりました。

3か月目には見違えるようになられ、ご友人の方まで紹介して頂きました。

当然のことかもしれませんが、お肌だけでなく、表情もお会いする度に明るくなられていくのが手に取るようにわかりました。

他に自律神経症状もいくつかお持ちでしたが、それらの症状も一緒に改善。

その後は改善の一方で診察の間隔も空くようになり、時折サプリメントを購入に来られる程度になりました。

取引先の会社の方に、「何をしたの?」といわれたと、嬉しそうに話されている様子を見て、受付スタッフがこれまた嬉しそうに私に伝えに来てくれました。

 

アトピーの根本治療の意義は、症状が良くなるだけでなく、外見が見違えるように美しくなられることで(というより本来の美しさを取り戻される!ですね)、仕事や日々の生活に対しても大きな自信を持たれるようになられることも大きいのではないかと思います。

 

 

https://www.eminaclinic.com/cure/ad.html

 

エミーナジョイクリニック銀座

 

お問い合わせ・ご予約はこちらへ

03-6278-7115

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ・初診・再診のご予約

当クリニックへのお問い合わせ・初診・再診のご予約はこちらより承っております。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
PAGE TOP