MENU

ホーム > お知らせ > はつらつとして日々のために・・・ > PMS・・・なぜピルが効かないの?Part II

PMS・・・なぜピルが効かないの?Part II

 

台風が近づき気圧の変動が大きくなるとともに、PMS自律神経の症状がいつもよりしんどい!という方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

さて、今日は昨日に引き続きPMS・PMDDについてお話ししたいと思います。

昨日は、ピルが効かない場合の主な原因をお伝えしましたが、PMS・PMDDがなかなか良くならないという方にとって、どんな治療が良いの?という疑問にお答えするためにも、「何がほんとの原因なのか?」ということを知って頂くことはもっと大切なのではと、日々の診療をしながら実感しています。

 

PMS・PMDDというと何か特別な感じがしますが、多くの場合、症状は自律神経の問題によるものが多いのです。

すなわち、PMS・PMDDの主な正体は、自律神経失調状態ともいえて、それにホルモンバランスの要因が加わって生理前に症状が現れたり悪化したりするというとらえ方です。

ですので、PMS・PMDDの根本的な原因としては、自律神経バランスに悪影響を与えるものは全て原因となりえます。

それが、個人によってどの原因がメインになっているかは多少の差があります。

 

特にPMS・PMDDの方で女性ホルモンの量やバランスに問題があるケースの場合は、その背景に副腎疲労という病態がとても多くみられます。

言い換えると、副腎疲労の程度が大きいほど、女性ホルモンの低下やバランス障害に繋がりやすく、PMS・PMDDの症状も出やすいのです。

さらには、副腎疲労があると、体内の炎症が慢性的に治らない状態ですので、自律神経障害による症状も何かしらついて回るという仕組みです。

当クリニックで長年、副腎疲労に対する根本的な治療を行ってきた実績の中で、ホルモン補充をしなくてもホルモン分泌量や副腎機能・自律神経機能の回復によりPMS・PMDDの症状が全て治ってしまったという患者様は数えきれないほどです。

またホルモン補充が必要な場合には、米国の最先端の医療を取り入れて安全かつ効果的な治療法を行っています。

Part Iでお伝えしたピルが効かない理由に関して、今後のブログでも詳細をお話ししていければと思っています。

 

9月から開始した、特別カウンセリングでは、まず今までの経過をしっかり伺いながら、PMS・PMDDの根本的な原因と、現状でまずその方にどんな検査が最も必要かを詳しくご説明しています。

はつらつとした日々を送って頂くための、次につながるステップとして

こちらの新カウンセリング、是非ご活用下さい。

 

PMS・PMDD  特別価格カウンセリング

先着10名様

https://www.eminaclinic.com/info/feature/melancholia.html

 

お問い合わせ・お申し込みはこちらまで・・・

受付電話 03-6278-7115

 

エミーナジョイクリニック銀座

 

 

 

お問い合わせ・初診・再診のご予約

当クリニックへのお問い合わせ・初診・再診のご予約はこちらより承っております。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
PAGE TOP